プロモーションビデオ

講座のプロモーションビデオは、映画監督の河内彰さんに制作していただきました。河内さんは、長編映画や展覧会のプロモーションビデオなど数多く映像作品を制作されています。

ストップモーション撮影

プロモーションビデオ冒頭のジングル撮影は、アシスタントの方と共に2日間かけて撮影しています。河内さんの電子部品をコマ撮り撮影するという河内さんのアイデアを形にするため、ブレッドボードを24枚購入し黒く塗装した木材に貼り付け、そのボードに差し込んで一コマずつ撮影することになりました。

撮影機材は、デジタル一眼レフにCanonのオールドレンズを使っています。このカメラは、フランジバック(レンズから画像センサーまでの距離)が長く、レンズアダプターを使うことで好みのレンズが使えるカメラです。今回、デジタル的な映像の質感を和らげることと、マニュアルフォーカスの操作性が高いため、オールドレンズを使って撮影しました。



実際の撮影は、動かすアイテム(電子部品)を各パート毎に分け、ブレッドボード上で、ワンカットずつ動作をつけて一つ一つ動かして撮影していきます。 撮影を進めていくなかで電子部品にキャラクター性を加えることになり、コンデンサーがひっくり返ってしまい足をバタバタしている、LEDがケンカを始めている等の、遊びの要素を取り込むことで、電子部品達が生き生きとして見えてきました。 こうしてコマ撮り撮影された映像は、僅か9秒というカットですが、アイデアを見える形にするまでに、準備から撮影まで長い時間をかけて作られました。


ストップモーション撮影で試作した動画

 

本編で撮影されたこのカットも焦点深度を浅く取り、移動に合わせてマニュアルでピントを合わせています。キレのあるカット割と独自の色合いに仕上げた動画は、動画共有サイトで見られる電子工作動画とは違った楽しさが伝わる新鮮なイメージとなっています。



完成したプロモーション動画

企画・撮影・編集:河内彰 イラスト:石島蓉子

 



河内彰

ぴあフイルムフェスティバル(PFF2020)入賞、うえだ城下町映画祭 自主映画コンペティション 審査員賞(大林千茱萸賞)受賞 アーツ千代田3331では、プロモーション動画の制作など精力的に活動している。


Web site /  YouTube /  Twitter

河内さんの映画作品

 

  • etc 
  • 2021年6月7日